『くろあわわ』と『どろあわわ』ってどう違うの?

美容の話記事一覧

皮ふの細胞分裂を促進して、お肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している最中はほぼ出なくて、暗くなってからゆったりと身体を休め静かな状態で出ます。美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、人間の体の機能上の欠損や変形を修復することよりも、もっぱら美的感覚に基づくヒトの身体の外観の向上を主軸に据える医学の一つで、独立している標榜科目のひとつである。よく女性誌や美容本に...

現代社会に暮らす私たちには、人間の体内には体に悪影響をもたらすケミカルな物質が蓄積され、加えて己の体内でも老化を促す活性酸素などが作られていると言い伝えられている。唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、肌のたるみはだんだん進んでいきます。にこにこと口角を持ち上げた笑顔になれば、弛み予防にもなるし、見た目の印象も良くなりますよね。どこにも問題のない健康体にも生じるむくみだが、これはごくご...

スカルプの健康状態が悪くなっていると感じる前に正しくケアして、健康的な頭皮を保つほうが賢明です。状態が悪くなってからお手入れを始めたとしても、その改善には時間がかかり、加えてお金も手間も必要なのです。よく聞くピーリングとは、時間の経ってしまった要らない皮膚をピール(peel:皮を剥くの意味)し、まだ新しい整った表皮(角質層)に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する効果の出やすい美容法です。皮膚の美...

メイクの欠点:涙が出た時にあたかも修羅のような恐ろしい形相になる。ほんのちょっとミスすると派手になったり地雷になってしまう。顔の造形をごかますのには限界というものがある。日本人が「デトックス」に興味を抱く理由の一つとして考えられるのは、我々日本人が暮らす環境の悪化だ。大気や土壌は汚染され、野菜などの食物には化学肥料や農薬がたっぷりかけられているとまことしやかに囁かれているのだから無理もない。日光を...

アイラインなどのアイメイクを落とす時にメイクをきれいに落とそうとしてゴシゴシと強くこするようにしてクレンジングしてしまうと皮膚が傷んだり発赤等の炎症を起こして色素沈着を招いてしまい、目の下の隈の原因となるのです。元来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞間に多く存在していて、水分を蓄えたり衝撃を和らげる緩衝材の働きで細胞を護っていますが、老化にともなって体の中のヒアルロン酸は少...

唇の両端、即ち口角が下がっていると、顔のたるみは格段にひどくなっていきます。にこやかに左右の口角を上げて笑顔でいれば、弛み防止にもなるし、外見も美しくなりますよね。頭皮のコンディションが崩れてしまう前に正しいケアをして、健康なコンディションを保ったほうがよいでしょう。コンディションが悪くなってからお手入れを始めたとしても、改善されるまでに時間がかかり、費用はもちろん手間もかかるのです。健康な体にも...

アイラインやマスカラなどのアイメイクを落とすときに化粧をきれいに落としたい一心でゴシゴシと強くこするようにしてクレンジングし続けていると肌が傷んだり炎症を起こしたりして色素沈着がおこり、目の隈の一因になります。アイラインなどのアイメイクを落とす時にメイクをしっかり落とさなければいけないとゴシゴシとこするように洗い続けていると皮膚が傷ついたり炎症を起こす等して色素沈着へとつながり、目の下の茶色い隈の...

皮膚の細胞分裂を活発にし、皮ふを再生させる成長ホルモンは昼間の活動している最中には出なくて、日が暮れてから身体を休めくつろいでいる状態で分泌されると言われています。爪の生成される様子は樹木の年輪のように刻まれるという存在である為にその時々の体調が爪に表れることが多く、髪と同じように視認できて分かりやすいことから健康のバロメーターとも呼ばれるのだ。ネイルケアとは爪をより健康な状態にキープしておくこと...

アトピーは「不特定な場所」という意味のギリシャ語のアトポスを語源とし、「何かしらの遺伝的因子を持つ人に確認される即時型アレルギーに基づいた病気」を対象として名付けられたと言われている。夏場にたくさん汗をかいて身体のなかの水分量が減ってしまうと尿の量が減らされて体温を調節する汗用の水分がストックされるために、この過剰な水分が残った状態こそがむくみの要因になると考えられています。肌の奥深くで生まれる細...

正常なお肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間周期になっており、何時も肌細胞が作られ、日々刻々と剥落し続けています。これらの「日々の生まれ変わり」によってお肌は若々しさを保持し続けています。日本皮膚科学会の判別基準は、@痒み、A独自の皮疹とその分布域、B反復する慢性の経過、3点全部当てはまる疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)」といいます。例えるなら…今、パソコンを眺めながら頬杖をつい...

容姿を装うことで気分が良くなり豊かになれるのは、顔にトラブルのある人もない人も一緒。私はメイクを己の内面から元気を発見する最良の手段だと自負しています。女性誌や美容本には、小顔や美肌、ダイエットできるし、デトックス効果、免疫の向上などなど、リンパ液を流せばすべて解決する!という楽天的な謳い文句が掲載されている。アトピーの要因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性...